欅坂46が初めての無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」を16日に開催した。昨年9月の東京ドーム公演以来、約10カ月ぶりとなるワンマンで、不動のセンター平手友梨奈さんが脱退後してから初の公演。約9万人がチケットを購入し、推定30万人の視聴者が見守る中、1、2期生28人が一体となって、楽曲ごとに異なるステージが用意されてメンバーが縦横無人に動き回るなど配信ならではの演出を取り入れた圧巻のステージを展開。公演終盤にはキャプテン菅井友香さんが10月のライブを最後に欅坂46としての活動を終了し、改名して再出発することを涙ながらに発表した。

 

 午後7時半、OVERTUREが流れる中、緑の制服に身を包んで一列に並んだメンバーの後ろ姿が画面に浮かび上がる。会場の外に立つ彼女たちは徐々にせり上がるシャッターを抜けてスモークに覆われた場内へ。欅坂46の大きなフラッグが掲げられた簡素なステージに上がると、カメラの方へと一斉に振り向いた。ミラーボールのまばゆい光が場内を照らす中、「新たな夜明け」を歌った楽曲「太陽は見上げる人を選ばない」でライブがスタート。ライブができる喜びを分かち合うように笑顔で顔を見合わせ、穏やかな歌声を響かせるメンバーたち。楽曲の途中からは2月に配属が発表された新2期生も加わり、フレッシュな魅力をふりまいた。

 この日最初のMCで菅井さんは「この日を迎えることができて本当に感謝しています」とあいさつ。小林由依さんは「ライブをしたくてうずうずしていて。欅坂の曲を熱唱してダンスも踊って、家でも欅坂を楽しんでました」とこの日を待ち望んでいた心境を明かし、2期生の森田ひかるさんは「いろいろな仕掛けが登場するので、楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールした。新2期生の大園玲さんは「初めてのライブが新しい形のライブなので緊張していますが、先輩方と画面の向こうの皆さんと一緒に記憶に残るライブにしたいです」と意気込みを語った。

 

 メンバーが次のステージへと移動し始める中、会場には突如として大型トラックが侵入してくる。1人残された土生瑞穂さんがトラックに追われながらメンバーの元に合流すると、周囲をぐるりと車に囲まれた円型のセットが出現。車のヘッドライトを浴びながら、土生さんセンターで「エキセントリック」を一心不乱に歌い踊ると、カメラは彼女たちをさまざまな角度から捉えて臨場感を伝える。会場奥に設置された巨大スクリーンに東京の夜景が美しく浮かび上がると、メンバーは3階建ての鉄骨子ステージへ移動して「東京タワーはどこから見える?」を披露し、個性を競い合うようにダンス合戦が繰り広げた。

 

 場内が暗転すると、手に持ったハンドライトで広い会場をあちこち照らしながら、学校風のセットへと歩きだすメンバーたち。真夜中の校舎にこっそり忍び込むように、教室、音楽室、理科室と3つに分かれた舞台を探索していく。楽曲ごとのイメージに合わせたこうしたステージが用意されるのも配信ならでは。尾関梨香さんが倒した花瓶が割れる音を合図に「Student Dance」のパフォーマンスが始まる。エッジの利いたサウンドに合わせて机やピアノの上で踊ったり、白衣を着てでたらめな科学実験に興じたりとやりたい放題。さらには椅子をたたき落とし、花壇の花を引き抜くなどして無秩序で退廃的なムードに没入していった。

 続いて教室にかけられていた額縁にカメラがズームインすると、メンバーたちが額縁の中に閉じ込められたかのような映像演出から「Nobody」へ。艶やかなダンスと共に、歌詞に合わせて展開していくグラフィック映像や傾斜のある部屋を使ったトリックアートのような演出で視聴者を楽しませる。間髪入れずに突入した「アンビバレント」では、会場中央を広く使ったダイナミックなステージングを展開。センターの小池美波さんは時に挑発的に、時に不適な笑みを浮かべてカメラをにらみ、軽やかにステップを踏む。ファンの間で一時期巻き起こった「アンビバレントのセンターにふさわしいのは誰か」という論争に決着をつけるかのような迫力のパフォーマンスで存在感を見せつけた。

 

 新型コロナウイルス対策として行われた会場の換気作業を経て、メンバーが再びステージに登場すると「インタラクティブタイム」がスタート。今回の配信ライブの目玉の一つで、抽選で選ばれたファンクラブ会員300人とメンバーがリモートでつながって会話を弾ませるという企画で、スクリーンに映ったファンの姿を見た彼女たちはパフォーマンス中とは異なるリラックスした様子で久々の交流を楽しんだ。新2期生の6人は自己紹介を行い、初々しい笑顔をファンに届けた。インタラクティブタイムはライブ開始前にも行われたほか、会場では事前にファンから集めた音声データを使った掛け声などが流される演出もあった。

 

 和やかな時間が終わり、ライブは後半戦へ。機関車の汽笛が鳴り響くと、グレーの新衣装に着替えたメンバーが「大人は信じてくれない」を披露。ステージ前を炎が這う中、センター山﨑天さんが悲しみや怒りをたたえた真に迫る表情で楽曲を歌い上げた。続いて落雷音と共に水が降りしきるステージが登場すると、ファンの間で屈指の人気曲「避雷針」のイントロが流れだし、メンバーがセンターの渡邊理佐さんを引きずるようにして雨の方へと突き進んでいく。降り注ぐ水の壁に歌詞がプロジェクションマッピングで映し出される幻想的な空間から、彼女たちは冷たく鋭い表情をのぞかせた。

 張り詰めた雰囲気から一転、雨の止んだステージに一人たたずむ小林さんが枯れ葉を吹き飛ばすと、「風に吹かれても」のエネルギッシュなステージが幕開け。重機やコンテナが設置された舞台には火花の特効も舞い、メンバーは手をつないで元気いっぱいに飛び跳ねた。

 

 ここで壮大な音楽が流れ、ライブはいよいよ最終局面に突入。メンバーはスポットライトを浴びながら横一列になって会場の端から勇み立って歩きだす。ずらっと並んだスタンドマイクとMA-1の前に到着すると、衣装をつかんでさっそうと羽織っていく。最後にセンターの象徴である赤いMA-1をまとった小林さんにカメラが近づくと、威嚇するように勢いよくキックして「ガラスを割れ!」を歌いだした。ミュージックビデオさながらのスタンドマイクを使ったパフォーマンスや、会場の端から端まで走り抜ける気合たっぷりの熱演をぶつけ、これまで使ってきた舞台装置の特効もフル稼働。すべての力をぶつけるようにして最高潮の盛り上がりを一丸となって作り上げた。

 

 熱いパフォーマンスを終えると、メンバー全員が舞台に勢ぞろい。菅井さんが息を整えながら、ここまで視聴してきたファンへの感謝を述べる。まっすぐにカメラを見据えた彼女は「ここで、私たちから皆さまにお伝えしたいことがあります」と前置きし「私たち欅坂46は、5年間の歴史に幕を閉じます。そして、欅坂46とは前向きなお別れをします。10月に予定している欅坂46のラストライブにて、その活動に区切りをつけさせていただきます。そして、新しいグループ名となり、生まれ変わります」と活動終了と改名を発表した。

 菅井さんは、この決断をすぐに受け入れられるメンバーばかりではなかったと説明。欅坂46に対するに強い思い入れを持ち、大好きな欅坂46をずっと守ることができたらと考えて活動してきたと苦しい心情を明かした上で「グループとしてもっともっと強くなるための決断だと、今日までスタッフさん、メンバーと話し合った結果、今は思いを決めています」と決意を述べた。

 

 さらに「欅坂46だからこそかなえられた夢がたくさんありました。今ここにいないメンバー含め、応援してくださった皆さまがいたからこそかなえられたことがたくさんあります。心強いメンバーやすてきな楽曲、クリエーターチームの皆さま、そして数えきれないくらいの応援してくださる皆さまと出会えたことは本当に誇りです。欅坂46に出会ってくださって、好きになってくださって、支えてくださって本当にありがとうございました」と涙ながらに感謝を伝えた。

 

 菅井さんは、たくさんの楽しい思い出があった一方、悔しい思いもさくさんしてきたとして「この2年は特に、出口の見えないトンネルの中をさまよっているような状態だったと思います。思うように活動できず、皆さまの期待に答えられていないんじゃないなって思う日もありました。メンバーの卒業、脱退も続きました。グループの名前が独り歩きして、耳をふさぎたくなるようなことに悩まされた日もありました。欅坂を好きだと思えば思うほど苦しくなり『こうしなければならない』と考えれば考えるほど執着が生まれた気がします」と胸の内を吐露すると「グループとして強くなるために、新たなスタートを切り、もう一度皆さんとたくさんの夢をかなえていけるように頑張りたいと思っています」と改めて決意を語った。

 そして「ここからのリスタートになるので、相当ないばらの道が待っていると思います。でも、色のない真っ白なグループを皆さんと一緒に染めていけたらいいなと思っています。培ってきた経験がきっと私たちを鍛えてくれています。それを信じて、新たに強く強いグループになることを約束いたします」と宣言。「私たちに期待していてください。これからも私たちの応援どうぞよろしくお願いいたします」という呼び掛けに続き、メンバー全員が「よろしくお願いします」と頭を下げた。

 

 続いて副キャプテン守屋茜さんが「最後にお届けする曲が、欅坂46ラストシングルとなります。聴いてください」と紹介し、スクリーンにグループの歴代アーティスト写真が映し出された。そしてメンバーは、鉄骨子のステージに立つと新曲「誰がその鐘を鳴らすのか?」を初披露。改名発表を受けて涙を流すメンバーもいる中、欅坂46が存在した証を刻もうとするかのように、28人全員が力の限りのパフォーマンスでライブをフィナーレへと導く。メンバーの姿を捉えたカメラがアウトロと共にフレームアウトし、会場奥のシャッターを抜けてメンバーの姿が見えなくなると、欅坂46のロゴが浮かび上がるシャッターがゆっくりと閉じて配信ライブは幕を閉じた。

 「誰がその鐘を鳴らすのか?」は8月21日に欅坂46最後の楽曲として配信リリースが決定している。グループとして大きな決断を下し、大きな困難にグループの結束力を武器に立ち向かうという覚悟の下、新たな未来を選択した欅坂46。新たなグループ名はどうなるのか、センターは誰が務めるのか、新たな卒業メンバーが出ないのか、欅坂46時代の楽曲は歌い継がれるのかなど、SNSを中心にファンの間で早くもさまざまな期待や臆測の声が飛び交っている。そうした中、彼女たちがこの先に何を見つけるのか、その動向に注目が集まっている。

■欅坂46 配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」
 2020年7月16日(木)OPEN 19:00 / START 19:30 
 セットリスト
 OVERTURE
 01. 太陽は見上げる人を選ばない
 02. エキセントリック
 03. 東京タワーはどこから見える?
 04. Student Dance
 05. Nobody
 06. アンビバレント
 07. 大人は信じてくれない
 08. 避雷針
 09. 風に吹かれても
 10. ガラスを割れ!
 11. 誰がその鐘を鳴らすのか?

■欅坂46ラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」
 2020年8月21日(金)配信リリース

■DVD&Blu-ray「欅共和国2019」
 2020年8月12日(水)発売

■公式リンク
 欅坂46オフィシャルサイト
  http://www.keyakizaka46.com/
 Twitter
  https://twitter.com/keyakizaka46

■欅坂46

 


 秋元康さん総合プロデュース。乃木坂46に続く第2の坂道グループとして、応募者2万2509人のオーディションを経て2015年8月に誕生。16年4月6日、シングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。デビュー8カ月にして第67回紅白歌合戦に初出場以降4年連続で紅白歌合戦へ出場。18年11月には2期生9人が加入。19年2月に8作目シングル「黒い羊」をリリース、デビューからオリコンウィークリーチャート1位を8作連続更新中。今年デビュー3周年を迎え、5月に初の日本武道館3デイズ、夏には全国ツアーを開催し、全公演で17万4500人を動員。9月にはツアーファイナルを初の東京ドーム公演を行い、2日間で10万人を動員した。20年2月、6人の新2期生が加入して現在全28人。