飼育したオオムラサキを放す児童=三好市山城町

オオムラサキの成虫

〈ア〉

〈イ〉

 徳島新聞の記事を題材にした問題について考えてみましょう。

 三好市山城町の下名小学校で10日、児童が育てた国蝶・オオムラサキを自然に返す放蝶会があった。

 成長を観察してきた1~5年の7人、外部講師を務めた元中学校教員の三好康彦さん(60)=三野町=や、地域住民らが正面玄関に集まった。児童は羽を広げた大きさが9~11センチ程度に育ったチョウを紙に包んで持ち、「いつでも帰って来てください」「元気に過ごしてください」などと声を掛けて放した。

 5年の松原玉海さん(10)は「放すのは寂しいけれど、また学校に来てくれるといいな」。三好さんは「幼虫から育てた過程が大事で、一生忘れない経験になると思う。チョウを通して自然を残す気持ちを持ってほしい」と話した。

 今後も幼虫の観察、チョウが集まりやすい花壇の整備などを進め、オオムラサキを通した環境学習を続ける。

 問 題

 <1>国蝶とはどんなチョウのことですか。

 ア 海を渡り、国から国へ旅するチョウ

 イ その国で一番大きなチョウ

 ウ 国を象徴するチョウ

 <2>オオムラサキの大きさは、次のどのチョウと同じくらいですか。

 ア モンシロチョウ

 イ アゲハチョウ(ナミアゲハ)

 ウ ベニシジミ

 <3>外部講師の三好康彦さんは「幼虫から育てた過程が大事」と言っています。幼虫から成虫になるまでの過程で正しいのはア~ウのどれでしょう。

 ア 幼虫―さなぎ―成虫

 イ 幼虫―成虫

 ウ 幼虫―繭―成虫

 <4>オオムラサキの幼虫は、写真ア、イのどちらでしょう。

 7月11日の地域総合面に掲載された記事を基に構成し直しました。

 解 答

 <1>ウ

 <2>イ。羽を広げると、モンシロチョウは5~6センチ、ベニシジミは3~4センチくらいです。

 <3>ア

 <4>ア。イはカイコ(カイコガ)の幼虫。