徳島県警察本部

 徳島県警組織犯罪対策課と徳島中央署などは20日、出資法違反の疑いで、北島町、会社役員の男(42)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、2018年1月~20年3月の間、無登録で貸金業を営業し、県内の男女3人に法定利息(一日当たり0・3%)を上回る利息(0・35%~3・33%)で計106万円を貸し付けたとしている。

 署によると容疑者は6回にわたり、金を県内のスーパーで直接渡したり、銀行に振り込んだりしていた。容疑について黙秘を続けている。