ガレノスが販売している乳児用菓子「アレルギーあんしんボーロ かぼちゃ」

 栄養機能食品開発販売のガレノス(徳島市)は、食物アレルギーを引き起こす特定原材料(アレルゲン)を使わない乳児用菓子「アレルギーあんしんボーロ かぼちゃ」を発売した。

 北海道産ジャガイモ由来のでんぷんやカボチャの粉末、麦芽糖などを用い、体づくりに必要なカルシウムや鉄分も配合した。食物アレルギーを引き起こす物質のうち、食品表示法で明記するよう義務付けられている卵や小麦などの特定原材料7品目と、それに準ずるアーモンドやゴマなど21品目を使用していない。保存料や香料、着色料も不使用。

 生産は県外企業に委託する。製造時に他の商品で使っている卵や乳成分などが混入していないか、アレルギー食品検査センター(群馬県)で製造ロットごとに検査。結果を確認した後に個包装して出荷する。

 水分量や焼成温度を調整し、ほんのり甘く口溶けのよい食感に仕上げた。ガレノスは「何のアレルギーがあるか判明していない子どものほか、アレルギーのある大人も安心して食べてほしい」としている。

 10グラム入り14袋セットで税抜き800円。全国の調剤薬局で販売している。