タイムトラベル物のサブジャンルに、同じ時間軸を何度も体験する「タイムループ」という設定がある。SFサスペンス「ミッション:8ミニッツ」(2011年、ダンカン・ジョーンズ監督、ジェイク・ギレンホールら出演)は、その設定が生み出す「繰り返しの妙」を効果的に駆使してスリリングな快作に仕上げている。

 

 シカゴ行き通勤列車が爆破されて乗客全員が死亡。米軍のスティーブンスはこの事件を受けて特殊任務を課せられる。それは、政府が開発した極秘システムを使って、死んだ乗客の脳に残る爆発直前8分間の記憶に潜入すること。スティーブンスは脳内で他人の記憶を何度も疑似体験し、車内に残された犯行の痕跡を調べながら犯人探しに奔走する。

 死者の記憶を再利用するというSFならではのアイデアを膨らませ、「疑似タイムループ」なるアクロバティックなシチュエーションを構築した。

 

 失敗してもリセットして再スタート。主人公はコンピューターゲームのプレーヤーのごとくアプローチの仕方を変えながら、同じ8分間を繰り返し体験する。序盤に見え隠れする伏線を徐々に回収し、パズルを解き明かしていくような展開は見応えたっぷりだ。

 後半に向けては「なぜ特殊任務に選ばれたのか」という主人公を巡る謎も浮上する。そんな主人公に待ち受ける過酷な現実と共に、犯人を見つけても既に死んだ乗客は救えないというタイムトラベル物特有の悲しいジレンマも描かれる。

 主人公が無力感にさいなまれる中、疑似体験で出会ったヒロインとの切ないロマンスも絡み合うクライマックス。特殊設定に頼ったアイデア一発勝負だけではない深みをストーリーに与えており、救いのあるラストシーンも心地よい余韻を残している。(記者A)

【記者A】映像ソフト専門誌編集者、フリーの映画ライターを経て徳島新聞記者を務める。映画関連記事の編集や執筆、インタビュー、ロケ現場の取材などに長年携わり、1年間で365本鑑賞した年もあるなど、映画をこよなく愛する。