22日午前7時半ごろ、徳島県三好市池田町馬路の徳島自動車道で「ブタが路肩にいる」と通行人から西日本高速道路四国支社道路管制センターに通報があった。支社職員が駆け付けたところ、衰弱していて約2時間後に死んだ。事故はなかった。

 愛媛県西条市の食肉小売業者の50代男性が運転するトラックから逃げ出し、道路をさまよっていたとみられる。体長約1メートル、体重約120キロ。男性によると、食肉用として他の21頭と一緒に西条市の農場から石井町の加工業者に運んでいた。トラックに落下防止の柵があり、逃げ出した経緯は不明。

 ブタは白地トンネル西側上り車線の路肩で前脚などを負傷して横たわっていた。撤去作業中に息絶え、三好署が拾得物として受理。落下に気付いた男性が午前11時すぎに回収した。

 この影響で井川池田インターチェンジ―川之江東ジャンクション間の上下線が約2時間、時速50キロに速度制限された。