徳島県庁

 徳島県は23日午前0時、石井町の男女3人が新型コロナウイルスに感染したのを受けて同町と徳島、小松島両市に発令していた「とくしまアラート注意報」を解除した。発令から2週間、新たな感染経路不明者が確認されなかったため。22日に県庁で開かれた専門家会議で了承された。

 注意報は、移動自粛や休業要請を行う「とくしまアラート」の基準を満たさない状況で、県民に感染拡大への警戒を呼び掛けるための手段として9日に発令。体調に不安があれば「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう求めていた。

 22日の専門家会議では、注意報の名称について「アラート(警報)と重なっているので分かりづらい」との声が上がり、県は今後検討する。