剣山と塔ノ丸の間を飛行する米軍機=23日午後0時50分ごろ、剣山頂上付近から撮影

 23日午後0時50分ごろ、徳島県南西部に位置する西日本第2の高峰・剣山(標高1955メートル)頂上付近の空を米軍のプロペラ機1機が飛行した。

 西の空から現れて剣山と塔ノ丸(1713メートル)の間を東へ飛び、中尾山高原付近の上空を左に旋回してUターン。再び西へ飛び去った。高度は剣山頂上より低く、速度は遅かった。当時、頂上付近では植物講習会(徳島県西部県民局など主催)が開かれており、参加者は驚きの表情を浮かべた。