徳島県庁

 徳島県は24日、新型コロナウイルスに感染した県内9例目となる石井町の10代女性が24日、10例目で東京都在住の20代女性が23日、それぞれ県内の感染症指定医療機関から退院したと発表した。20代女性は退院前に行った任意のPCR検査で陽性だったが、「発症から10日間経過、かつ症状軽快から72時間経過した場合」などとする国の退院基準を満たしており、医師が判断した。

 国の新たな基準ではPCR検査は不要となっているものの、県は2人が退院する前に同意を得て検査。9例目の女性は陰性だった。検査した日や回数は明らかにしていない。

 県健康づくり課は「検査は本人や家族らの安心のため、県が独自に行った。国の退院基準を満たしており、医師の総合的な判断に基づいて対応した」としている。

 県によると、9例目の女性は7例目の20代女性の濃厚接触者として7日に感染が確認され、同日に入院した。10例目の女性は東京都在住で、徳島市に滞在中だった7月9日に感染が分かり、10日に入院した。

 県内の感染者で入院しているのは、6~8例目の3人になった。