24日の徳島県内は前線や湿った空気の影響で雨や雷雨となり、局地的に激しい雨が降った。国土交通省の雨量計では、三好市山城町で午後1時までの1時間に91ミリの猛烈な雨を観測。徳島地方気象台などは同町に土砂災害警戒情報を発表し、市は山城町上名と下名、西祖谷山村全域、東祖谷全域の計1595世帯2742人に避難準備・高齢者等避難開始を出した。

 徳島地方気象台によると降り始めの午前7時から午後4時までの雨量は▽三好市東祖谷京上70ミリ▽那賀町木頭和無田44ミリ▽三好市池田町42ミリ―など。三好市によると、午後8時時点で西祖谷山村と山城町の計3世帯4人が避難している。

 三好市は山城町相川の市道相川高野線で落石があり、土砂崩れの恐れがあるため通行止めにした。

 JR四国は土讃線の阿波池田―高知駅間の特急と阿波池田―土佐山田駅の普通列車の運行を順次、見合わせた。25日も始発から運転を見合わせる。

 25日朝にかけて非常に激しい雨が降る見込み。午後6時までの24時間雨量は多い所で北部200ミリ、南部250ミリと予想されている。