短時間に集中して降った強い雨で歩道まであふれ出した水=午前11時ごろ、徳島市元町1

 25日の徳島県内は、前線や湿った空気の影響で雨や雷雨となり、激しい雨が降っている所がある。午前11時時点で三好市と那賀町に大雨警報が出されており、徳島地方気象台が土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、降り始めの24日午前7時~25日午前11時の雨量は▽三好市東祖谷京上234・5ミリ▽那賀町木頭和無田218ミリ▽上勝町福原旭117ミリ▽海陽町95ミリ-など。25日の1時間雨量は多い所で北部30ミリ、南部40ミリと予想されている。

 気象台などは午前10時25分、阿南市や三好市山城町、つるぎ町一宇など県内で発表していた土砂災害警戒情報を全て解除。阿南市加茂谷、大野、長生とつるぎ町一宇に発令されていた避難勧告、三好市山城町上名と下名、西祖谷山村全域、東祖谷全域に出されていた避難準備・高齢者等避難開始も、午前11時までに解除された。

 県によると、同時刻時点で県管理の国道や県道11路線15カ所が大雨や潜水橋の冠水で全面通行止めになっている。JR四国は、土讃線の阿波池田-高知駅間の特急と阿波池田-土佐山田駅の普通列車の運行を始発から見合わせている。