輸出するスダチを収穫する佐々木さん=神山町(県提供)

 農家が栽培した徳島県産のスダチが19日、欧州連合(EU)圏に輸出される。県は農産物の輸出拡大へ、2年前から、県の農場で栽培したスダチを欧州に試験的に出荷していたが、一般農家が育てた物が輸出されるのは初めて。

 今回、輸出されるのは、神山町の佐々木昌弘さん(44)が生産した50キロと、県立農林水産総合技術支援センター(石井町)の試験農地で育てられた30キロ。

 19日に関西国際空港からフランスに向けて出荷され、到着後は同国の輸入会社を通じてEU圏内の飲食店に卸され、食材として使われる。