海上自衛隊徳島教育航空群は27日、当直勤務中に飲酒したとして、20代の男性海士長を同日から停職6日の懲戒処分にしたと発表した。

 徳教群によると、海士長は第3術科学校(千葉県)に教育入校していた2月28日午後8時10分ごろ、当直勤務中にもかかわらず隊舎の娯楽室で飲酒。缶チューハイ1本を飲んでいるのを他の当直勤務者が見つけた。当直勤務中の飲酒は禁止されている。

 群司令は「誠に遺憾。再発防止に努めるとともに服務規律の維持に全力で取り組む」とコメントした。