徳島県高校優勝野球大会第11日は4日、鳴門オロナミンC球場で準決勝2試合が行われ、鳴門と徳島商が決勝に進出した。鳴門-生光学園は鳴門が生光学園を3対0で下した。徳島商―阿南光は徳島商が阿南光を7対2で下した。

鳴門対生光学園 完封勝利で決勝進出を決め、マウンドで雄叫びを上げる鳴門の藤中㊧=鳴門オロナミンC球場

 

第1試合 鳴門×生光学園
鳴門オロナミンC球場(準決勝)
   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
鳴  門 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3
生光学園 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
   
【鳴門のチーム紹介】  【生光学園のチーム紹介】

 

鳴門対生光学園 2回表、鳴門2死三塁、榎勢が右越え2点本塁打を放ち2-0と先制する=鳴門オロナミンC球場

 

第2試合 徳島商×阿南光
鳴門オロナミンC球場(準決勝)
   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
阿南光 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
徳島商  1 4 0 0 2 0 0 0 ×
   
【徳島商のチーム紹介】  【阿南光のチーム紹介】
徳島商対阿南光 2回裏、徳島商1死一、三塁、栗林が左前適時打を放ち5-0とする=鳴門オロナミンC球場