黄金の村が発売した(右から)「赤とうがらしソース」、「とうがらしみそ」、「こしょうマヨネーズ」

 木頭ゆずの生産加工販売会社・黄金の村(徳島県那賀町)は、木頭ゆずの果汁や果皮を使った「とうがらしみそ」「こしょうマヨネーズ」「赤とうがらしソース」を発売した。

 「とうがらしみそ」は信州みそにトウガラシ、チリメン、キュウリを加え、スライスした果皮でユズの風味を効かせた。おにぎりの具材や生野菜のディップソースなどとして楽しめるという。「こしょうマヨネーズ」は、青ユズの果汁と果皮、青トウガラシから作ったゆずこしょうとマヨネーズを混ぜ合わせた。「赤とうがらしソース」は、ユズ果汁とトウガラシを配合した激辛調味料。

 希望小売価格は、みそが税別620円、マヨネーズが690円、ソースが590円。自社の電子商取引(EC)サイトや徳島駅クレメントプラザ地下の土産物店、県物産館などで販売している。