徳島県内スーパー大手のキョーエイは29日、徳島市南島田町3のタクト店に勤務する従業員1人が新型コロナウイルスに感染したとホームページで発表した。これまでに県が発表した感染者に含まれるかどうかは明らかにしていない。

 タクト店は30日に臨時休業し、31日に営業再開した。ホームページによると安全対策を実施。保健所からは「濃厚接触者はおらず、感染拡大の恐れがないとの回答を得た」としている。

 同社によると、従業員は27日に発熱してPCR検査を受け、29日に陽性と判明した。最終の出勤日は24日。仕事中はマスクを着用し、手洗いと手指の消毒を徹底していたという。

 飯泉嘉門知事は30日の会見で、従業員の感染を非公表とした理由について「(店内は)防御策が取られ、感染拡大の恐れが少なかった」と説明。県からは店名公表の許可を求めておらず、店側が自主的に対応したとし、県が把握している陽性者かどうかを明らかにする必要もないとした。