新型コロナウイルスの感染者について説明する県職員=30日12時半ごろ、県庁

 徳島県は30日、29日深夜に新型コロナウイルス感染が確認された男性4人が、大阪府から小松島市に帰省中の20代大学生、いずれも40代で徳島市と藍住町の会社員3人だと発表した。県内の感染者は累計23人。

 県によると、県内20例目の感染者となった男子大学生は24日、実家に帰った。26日に北島町の「サンフラワードーム北島」で開かれたバスケットボールの交流試合に参加。会場には選手と観客計約150人が集まっていたといい、県は濃厚接触者の有無を調べている。ドームは30日午後から休館して館内を消毒し、31日は通常通り営業する。

 21例目の40代男性に県外での行動歴などはなく、感染経路は分かっていない。22、23例目となった徳島市と藍住町の40代男性2人は、28日に感染が確認された徳島市の50代男性の同僚。

 4人は県内の感染症指定医療機関への入院に向けて調整中。県は4人の家族や友人ら濃厚接触者計16人に対し、PCR検査を実施する。