新たな感染者について説明する仁井谷興史保健福祉部長㊧ら=1日午前、徳島県庁

 徳島県は1日、阿南市の20代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は調査中。県内での感染確認は8日連続で、累計26人になった。

 県によると、男性は27日に38・5度の熱が出て、解熱剤を飲んで熱が下がったため、30日まで県内の会社に出勤。31日に全身倦怠(けんたい)感と味覚・嗅覚障害が出て帰国者・接触者相談センターに相談し、PCR検査の結果、陽性と判明した。

 25日午後1~2時に徳島市内の飲食店で知人2人と食事し、26日午後7時~7時半には別の知人2人と阿南市内の飲食店を利用した。職場へは自家用車で通勤し、社内での仕事に従事。仕事中はマスクを着用していた。

 県は同居の家族1人と、飲食店で一緒に食事をした4人の計5人を濃厚接触者として検査を行う。