先制ゴールを決め雄叫びを上げる徳島の垣田㊨=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーのJ2リーグは2日、各地で9試合が行われた。徳島ヴォルティスは鳴門ポカリスエットスタジアムで山形と対戦し、1―0で完封勝ちした。2試合ぶりの勝利で通算成績を5勝1分け3敗とし、勝ち点を16に伸ばした。

 徳島は前半立ち上がりからボールを支配し、サイドを起点に攻め込んだ。MF西谷、FW垣田が決定機を築いたものの決め切れず、0―0で折り返した。後半は前線を2トップにした山形に押し込まれる時間帯もあったが、29分、西谷のセンタリングを垣田がニアで合わせて先制。終盤のピンチをGK上福元やDF陣が体を張ってはね返し、1点を守り切った。

 

徳島 1-0 山形
  前0-0
  後1-0

【得点】徳島=垣田裕暉(後半29分)