徳島県庁

 徳島県阿南労働基準監督署は3日、海陽町の建設会社と同社の男性現場責任者(64)を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検した。昨年12月3日、同社の資材置き場で現場責任者がクレーン車を操作してバケットを持ち上げる際、車体を安定させる装置を使わなかった疑い。クレーン車はバランスを崩して倒れ、近くにいた50代男性社員に激突し、男性は死亡した。

 これを受け、県は3日、同社を2カ月の入札参加資格停止にした。