徳島県庁

 徳島県は3日、新型コロナウイルス感染症に関する公表方法を変更した。検査で陽性が判明した場合は、感染者数を速報した上で、原則として検査の翌日午後4時に行動歴や濃厚接触者の有無などを公表する。

 県によると、午前10時と午後4時、9時に、それまでの検査で判明した感染者数と年代、性別、他の感染者との関連を発表する。午前10時の速報の詳しい内容は午後4時に担当者が報道機関に説明。午後4時と9時の速報については翌日午後4時に説明する。

 これまで午後に感染が確認された場合は、翌日の午前中に詳しい情報を発表していた。感染者への聞き取りが深夜や早朝に行われることもあり、県は「感染者の負担を減らし、調査を十分に進めるため変更した」としている。

 クラスター(感染者集団)の発生など緊急時は随時発表する。