徳島県内27例目として新型コロナウイルスの感染が確認された鳴門市の40代男性が勤める徳島市の「そよかぜ病院」は、休止していた訪問看護を4日から、外来とデイケアを5日からそれぞれ再開する。

 病院を運営する医療法人・清流会の久次米均理事長によると、3日に保健所から「院内の消毒が完了され次第、通常業務を再開して問題ない」と判断された。保健所の指導を受け、男性が使用した控室や通用口、更衣室などを消毒した。

 久次米理事長は、「気を引き締め、感染対策を徹底していく」と話した。