ジャイアントパンダ桃浜の前で、特産の桃を寄贈する和歌山県紀の川市の栗本宗彦企画部次長(右)=4日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

 「動物たちへの暑中見舞いに」と和歌山県紀の川市が4日、同県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」に特産の桃を寄贈した。

 桃はJA紀の里が提供したもので、4キロ入り化粧箱などに入った計約60キロ分。紀の川市の栗本宗彦企画部次長と今津孝二園長が、雌で5歳のジャイアントパンダ桃浜とそろって記念撮影した。

 パンダは桃を食べないため、園はカバなどに桃を与えた。栗本さんは「カバが目を細め、おいしそうに食べていたので良かった」と話していた。