【ワシントン共同】米ホワイトハウスは3日、トランプ大統領が政策担当の国防次官にアンソニー・タタ元陸軍准将を充てる人事案を撤回したと発表した。トランプ政権擁護の立場から陰謀論を主張していたことなどを批判されていた。

 米メディアによると、タタ氏はソーシャルメディアなどで、中央情報局(CIA)のブレナン元長官がトランプ氏暗殺を企てていたとし、オバマ前大統領についても「イスラム教徒でテロの指導者」だと発信していた。

 次官指名は撤回されたが、国防総省の報道担当者は3日、「タタ氏は国防政策の実行を手助けする」と明らかにした。