パソコンを遠隔操作して電子カルテなどを閲覧できる医療機関向けテレワークシステム「SPG―Remote Medical」について説明する「ビットブレイン」の斎藤智示社長=7月20日、福井市

 福井市のIT会社「ビットブレイン」は、新型コロナウイルスの影響で病院外での診療が増える中、パソコンを遠隔操作し、電子カルテなどを閲覧できる医療機関向けテレワークシステムを開発し、導入を推奨している。同社によると、全国で初めて情報漏えいに関する保険も付帯。斎藤智示社長は「第2波に向け、少しでも力になれれば」と語る。

 製品は「SPG―Remote Medical」。各病院で独立したネットワーク「VPN」(仮想私設網)を構築し、登録したパソコンなら病院の外にいても院内の基幹パソコンにログインし、遠隔操作でカルテなどを閲覧できる仕組み。データ保存はできない。