ルドルフどうぶつ病院が作ったチャリティーエコバッグ=徳島市北佐古一番町の同院

 7月1日に小売店でのレジ袋有料化が義務付けられたのを受け、徳島市北佐古一番町のルドルフどうぶつ病院がオリジナルのエコバッグを作った。8月1日から院内で販売し、売り上げを県内の動物愛護団体に寄付する。

 コーヒー豆の麻袋などに使われるジュート麻を使用。人が犬と猫を抱きしめている病院のロゴをあしらった。田處俊之院長(38)は「エコバッグを通じて、犬猫の保護活動を少しでも知ってもらいたい」と話した。

 Mサイズ660円、Lサイズ880円。各100個。病院の利用者以外も購入できる。氏名や連絡先の登録が必要。問い合わせは病院<電088(679)8930>。