【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合いで取引が始まり、午前10時現在は前日比23・21ドル安の2万6641・19ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は0・98ポイント高の1万0903・78。

 動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を巡る米中対立激化への懸念が強まり、売りが先行した。一方、新型コロナウイルス感染拡大を巡る米政府の追加経済対策への期待から買いも入った。