映画「この世界の片隅に」の一コマ  ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 75年前、人々はどんな暮らしをしていたか―。戦時中の日常生活の記憶を通じて戦争を考える特別番組「#あちこちのすずさん~教えてください あなたの戦争」が13日午後10時から、NHK総合で放送される。今夏、徳島新聞を含む全国のメディアが連携して展開するキャンペーン「#あちこちのすずさん」の一環。徳島新聞は14日付で、別刷り特集「戦時下の暮らし 記憶のかけらを集めて」を発行する。

 すずさんとは、戦時中の広島を舞台にしたアニメ映画「この世界の片隅に」(2016年、片渕須直監督)の主人公。キャンペーンは、ささかやな暮らしの楽しみを見つけて戦時下を生きたすずさんのような人を探そうという趣旨で、読者や視聴者から広くエピソードを募っている。番組、別刷り特集では寄せられたエピソードを紹介し、戦争伝承のこれからを考える。