徳島バスは運転手不足に伴い、徳島、阿南両市と那賀町を結ぶ丹生谷線2系統と、小松島市、勝浦町を結ぶ勝浦線1系統の路線バスを10月に廃止する。3系統の代わりに丹生谷線は新たに1系統を設け、勝浦線は残る1系統を増便する。

 廃止するのは丹生谷線の徳島駅前―川口営業所、羽ノ浦南―川口営業所と、勝浦線の中田八幡社前―黄檗上の各系統。丹生谷線に新設する系統は阿南医療センターと川口営業所を結び、JR阿南駅を経由する。勝浦線は既存の徳島駅前―横瀬西の系統を1日3便程度増やす。

 路線再編は、県やJR四国、バス事業者らでつくる県生活交通協議会が昨年策定した「次世代地域公共交通ビジョン」に基づく。徳島バスは「トータルでは減便となるが、JRなどと連携することで利便性を大きく損なわないよう努める」とした。