りそな銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の大手行各社の看板=東京都江東区

 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行の大手4行が中心となり、個人間の少額送金を安くできる新たなシステムの構築を検討していることが5日、分かった。政府が銀行の振込手数料が高額だとして、是正を求めたことへの対応の一環。スマートフォンのアプリなどを活用し、地方銀行やノンバンクが幅広く参加できる仕組みを目指す方針だ。

 低コストの簡易な送金方式によって利用者の負担が軽減され、キャッシュレス決済の拡大にもつながりそうだ。4行が月内にも、検討入りを発表する見通し。