新型コロナウイルス感染拡大を受け、独自の緊急事態宣言を出す考えを示した愛知県の大村秀章知事=5日午後、愛知県庁

 愛知県の大村秀章知事は5日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、県独自の緊急事態宣言を発出すると表明した。期間は6日から24日まで。不要不急の行動や県境をまたいだ移動自粛を求めた。6日の県対策本部会議で正式決定する。名古屋市の繁華街への短縮営業、休業要請期間も5日始まった。

 大村知事は県内の感染確認発表が5日まで9日連続で100人を超えるなど厳しい状況にあると説明し「お盆休みの前後で県民、事業者に行動を自粛してもらい、感染拡大を抑え込みたい」と訴えた。

 感染者の中心が20、30代の若い世代で、軽症者や無症状者が95%近くを占めている。