雪見さんによる「祭り」をテーマにした作品例

雪見さんによる「祭り」をテーマにした作品例

 新型コロナウイルスの影響で徳島県内各地の阿波踊りが中止となる中、徳島市在住のイラストレーター雪見ゆきさん(29)=本名非公表=が12~15日に、会員制交流サイト(SNS)のツイッターで全国の祭りをテーマにしたイラストを募る。徳島市の阿波踊りが開かれる予定だった時期に作品を発信し、祭りのない夏を盛り上げる。

 題材は阿波踊りに限定せず、踊り子、街角の風景、屋台料理、小物など祭りに関係する内容であることが条件。投稿者の住所、年代、制作時期、静止画・動画、カラー・モノクロなどは問わない。

 雪見さんは父親が徳島市出身で、祖母の介護のため4年前に大阪府高槻市から移住した。幼いころに阿波踊りを習っていた経験があり、毎年、踊りの時期を楽しみにしてきたという。

 「祭りのない寂しさを発散したり、地元のお祭りを知ってもらう機会になったりするのではないか。浮き立つ気分をみんなで共有しよう」としている。

 作品と紹介文に、ハッシュタグ「#イラスト夏祭り2020」を付け、例年阿波踊りが開催される時間帯の午後6時~10時半にツイートする。1人何回でも投稿できる。

 問い合わせは雪見さん<電090(1320)3310>かメール<yukimiyuki.wave@gmail.com>。