徳島県庁

 徳島県は6日、バブル崩壊後に就職難だった「就職氷河期世代」を対象にした県職員採用試験の募集を始める。採用予定人数は6人程度。24日まで申し込みを受け付ける。

 受験資格があるのは2021年4月1日時点で37~50歳の人で、募集職種は行政事務(3人程度)総合土木(2人程度)建築(1人程度)。今月5日時点で県内に本社を置く民間企業で正規職員として働いていない人が対象となる。

 9月27日に1次試験の教養の筆記試験と2次試験の論文、適性検査を徳島市の徳島大常三島キャンパスと東京都豊島区の立教大池袋キャンパスで行う。10月31日~11月14日に2次試験のプレゼンテーションと面接、11月28日~12月6日に3次試験の面接があり、12月中旬に合格発表する。

 問い合わせは県人事委員会事務局<電088(621)3212>。