金の延べ棒(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク金先物相場は4営業日続伸し、取引の中心となる12月渡しが前日比28・30ドル高の1オンス=2049・30ドルで取引を終え、終値としての過去最高値を更新した。

 新型コロナウイルス感染拡大への懸念を背景に、比較的安全な資産とされる金に資金を避難させる動きが続いた。

 5日のニューヨーク原油先物相場も4営業日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の9月渡しが前日比0・49ドル高の1バレル=42・19ドルと、3月5日以来5カ月ぶりの高値で取引を終えた。