ロンドンで落札された小説「ティファニーで朝食を」の最終稿(サザビーズ提供、英PA通信=共同)

 ロンドンで落札された小説「ティファニーで朝食を」の最終稿(サザビーズ提供、英PA通信=共同)

 【ロンドン共同】米作家トルーマン・カポーティの小説「ティファニーで朝食を」の最終稿が、英ロンドンで競売にかけられ、37万7千ポンド(約5200万円)で落札された。タイプライターで打たれた文字の上から手書きで推敲されており、カポーティが主人公の名前を変えた形跡が分かる。競売大手サザビーズが5日、発表した。

 原稿は1958年に出版社に持ち込まれ、計93ページ。61年に映画化され、故オードリー・ヘプバーンさんが演じた大都会で自由に生きる主人公のヒロイン「ホリー・ゴライトリー」の名前は元々「コニー・グスタフソン」だったが、最終稿の段階で、線で消され変更された。