徳島海上保安部が入居する「小松島みなと合同庁舎」=小松島市小松島町

 徳島県は6日、20~70代男性10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染が確認されたのは累計53人になった。このうち20~50代の7人は徳島海上保安部の巡視船の乗組員。5日に感染が確認された50代男性乗組員2人の濃厚接触者として検査を受けた同僚で、県はクラスター(感染者集団)発生の有無を調べる。

 県内で初めてのクラスターが発生した阿南市のデイサービス利用者や職員と接触があった70代男性と50代男性の2人も感染が確認された。

 感染者の内訳は▽20代5人▽30代2人▽50代2人▽70代1人。