ホンダの軽自動車「N―BOX」

 7月の車名別国内新車販売は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が1万6222台で8カ月連続の首位となった。新型コロナウイルスの影響などで前年同月に比べると32・5%減と低調だったが、広い室内空間や安全機能で高い人気を維持した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

 2位はトヨタ自動車が今年2月に発売した小型車「ヤリス」で1万4004台だった。軽を除く自動車(登録車)としては1位で、充実した運転支援技術や燃費の良さが評価された。登録車の上位10車種のうち、7車種を小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ライズ」などのトヨタ車が占めた。