黄からオレンジに変わった県庁のライトアップ=6日午後7時半ごろ

 新型コロナウイルスの警戒を徳島県民に呼び掛ける「とくしまアラート」が「感染拡大注意」に引き上げられたことを受け、県教委は6日、県立学校と市町村教委に、学校でのクラスター対策を一層徹底するよう周知した。

 阿南市の通所介護施設で県内初のクラスターが発生したことを踏まえ、榊浩一教育長ら18人が幹部会で対応を協議。集団感染リスクが高まる3密(密閉、密集、密接)を避けるため、エアコンを使う教室の換気やマスクの着用、児童生徒の間隔の確保などの対策を徹底するよう再度求める文書をメールで通知した。

 また、阿南市教委は市内32小中学校の7日の登校を取りやめると発表した。当初は臨時休校に伴う学習の遅れを取り戻すため、7月21日~8月7日と19~28日を登校日に充て、お盆休みを挟む8~18日を夏休みとしていた。学校での感染拡大防止のため、1日前倒しして夏休みに入る。