堤防の斜面を真っ赤に染めるヒガンバナ=勝浦町星谷

 勝浦町星谷の星谷運動公園沿いの勝浦川堤防でヒガンバナが群生し、一面を真っ赤に染めている。今週半ばまで楽しめそうだ。

 群生は幅約5メートル、長さ約50メートルで、堤防北側の斜面を埋め尽くしている。花を背景に記念写真を撮る人の姿や、真っ赤な花弁にカメラを向ける写真愛好家の姿も多い。

 近くの農業岡佳一(よしかず)さん(57)によると、群生はここ20年ほどで広がった。「もともと自生していたヒガンバナが、年4回の堤防の草刈りで茎を伸ばせるようになって増えたようだ」と話している。