飯泉知事

 全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事が、新型コロナウイルスへの警戒を呼び掛ける「とくしまアラート」の前段階となる「注意報」発令中の7月10日、大人数での宴会に出席していたと6日発売の週刊文春が報じた。知事は7日の定例会見で「文化関係者から招かれ7、8人の懇親会に出席した。大人数ということは全くない」と否定した。

 報道によると、知事は徳島市内の居酒屋チェーン店で開かれた宴会に出席。宴会には72人の予約が入り、7月29日に知事が還暦を迎えることから県職員も参加していたなどと報じた。

 報道内容について知事は「同じ部屋にテーブルが三つあり、それぞれ別のグループが7、8人ずついた」と主張し、対面で座らないなど店の感染対策もされていたと説明。その上で「誕生日会だと書かれているが詩吟グループの会。事実誤認はあったが、こちらの主張もそのまま載っている」と述べ、訂正などは求めない考えを示した。