被爆から75年の原爆の日を前に、平和への願いを込め並べられたキャンドルを見つめる親子=8日夕、長崎市の平和公園

 被爆から75年の原爆の日を前に長崎市の平和公園でともされた手作りのキャンドル。平和への願いを込めて風船が空に放たれた=8日夕

 長崎は9日、米国による原爆投下から75年を迎える。長崎市松山町の平和公園で平和祈念式典が営まれ、投下時刻の午前11時2分に黙とう。式典は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小し、田上富久市長が平和宣言で、核軍縮に逆行する国際情勢に危機感を表明する。会場では8日夜、市民らが核兵器廃絶を願い、手作りのキャンドルをともした。

 原水爆禁止長崎県民会議は市民会館で集会を開き、爆心地から800mで被爆した下平作江さん(85)が「生き残った人も、原爆症などで人間らしく生きることができなかった。この苦しみは私たちだけで十分だ」と語りかけた。