8日午前11時半ごろ、徳島県石井町石井の町道沿いの用水路で、近くの無職男性(69)が自転車ごと転落しているのを通行人の女性が見つけた。男性は徳島市内の病院に運ばれたが、約3時間後に死亡した。死因は頭部打撲による外傷性ショック。

 徳島名西署によると、用水路は幅2・7メートル、深さ1・2メートルで水深は約20センチ。ガードレールなどの転落防止設備はない。ヘルメットは着用していなかった。