気象庁本庁=東京都千代田区

 東北や北陸では9日夕にかけて、前線や低気圧の影響で大気が不安定な状態が続き大雨となる所があるとして、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水、氾濫に備えるよう呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海から東北に延びた前線上に低気圧があり、東北東へ進む。前線や低気圧には暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が不安定になり、9日夕にかけて断続的に激しい雷雨となる所がある。

 10日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東北100ミリ、北陸90ミリ。