徳島県内の女性農業委員らでつくる県農業委員会女性協議会は11月10日、婚活イベントを藍住町のレストランで催す。男性農業者が手掛けた農産物を持ち寄ってシェフに調理してもらい、農業の魅力を女性にアピールする。女性との接し方を学ぶ事前研修も開き、カップル成立を目指す。

 婚活イベントは「俺の農作物ディナー会」と銘打ち、同町奥野の「アクリエ」で午後7時から開く。男性農業者は種まきや苗の植え付け、収穫を自ら行った旬の野菜や果物をシェフに提供。シェフが豪華なディナーに仕上げ、女性に農産物のおいしさや農業の素晴らしさを知ってもらう。

 男性農業者は、10月22日に徳島市のホテル千秋閣で開かれる「男磨き研修」に参加し、女性に好まれる会話やしぐさ、服装について講義を受ける。同様の事前研修を開いてカップル成立率を上げた他県の婚活イベントに倣った。

 県農業会議によると、男性農業者は女性と知り合う機会が少ないため晩婚、未婚の傾向があり、後継者難の一因になっている。

 男女各16人を募り、定員になり次第締め切る。年齢は問わない。女性は県外在住でも参加できる。参加費は男性6千円、女性2千円。申し込みは県農業会議<電088(678)5611>。