お盆を前に新型コロナへの注意をお呼び掛ける飯泉知事=県庁

 政府の分科会が新型コロナウイルスの対策強化の目安として新たな指標を示したのを受け、徳島県は9日、県民に警戒を呼び掛ける「とくしまアラート」を見直す意向を示した。お盆明けに開く県新型コロナ感染症対策専門家会議の意見を踏まえ、基準や対応方針を改定する。

 また、飯泉嘉門知事は会見で「大切な故郷を守るため、お盆の帰省についていま一度、家族や友人と相談をお願いします」と述べ、発熱の症状があったり、2週間以内に感染が広がっている地域を訪問したりした場合は、帰省を自粛するよう呼び掛けた。県外から徳島に帰省した人への誹謗中傷も懸念されるとし、「絶対にやめていただきたい」とくぎを刺した。