阿波踊りがない徳島の夏を少しでも盛り上げようと、徳島市中心部の商店街でちょうちんの飾りつけが行われている。

ちょうちんの飾りつけをする黒川さん=徳島市両国本町1

 徳島の夏を彩る徳島市の阿波踊りは例年8月12~15日の4日間、市中心部で行われている。今年は新型コロナウイルスの影響で戦後初めて4日間全て中止となった。こうした事態を受け、主催する阿波おどり実行委員会が、街中のにぎわいづくりにとちょうちんを貸し出した。

 両国本町商店街にある茶専門店「三好園」では、店頭に赤や黄のちょうちん約20個を飾った。ちょうちんには、疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」のイラストを描いた短冊を取り付けた。黒川耕助社長は「道行く人に阿波踊りの雰囲気を味わってもらえればいいなと思います」と話していた。

 
飾りつけられたちょうちん越しに行き交う人々=徳島市両国本町1
飾りつけられたちょうちんとアマビエのイラスト=徳島市両国本町1