新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が11日、世界全体で2千万人を超えた。1千万人を上回ったのは最初の感染例が世界保健機関(WHO)に報告された約半年後だったが、今回は40日余りで1千万人増加した。今月に入っても4日で100万人増の過去最悪ペースが続いている。死者は73万人に達した。

 米大陸での被害が依然深刻で、WHOのテドロス事務局長は10日の記者会見で、パンデミック(世界的大流行)に対処するのに「遅過ぎるということは決してない」と強調、引き続きウイルス抑え込みに取り組むよう各国に呼び掛けた。