J1鳥栖の金明輝監督

 サッカーJ1の鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。スタッフ3人が濃厚接触者と判定された。選手にはいないという。

 金監督は8日昼に体調不良があったが、発熱などの症状はなく夜に敵地での鹿島戦を指揮した。9日夜に38度の熱があり、10日に佐賀県内の病院でPCR検査を受けて陽性が確認された。11日に選手、スタッフらのPCR検査を実施しており、12日のYBCルヴァン・カップ、広島戦前に結果が判明する予定。