国民民主党の玉木代表は、立憲民主党との協議を続けず分党を選んだ理由に関し、新型コロナウイルス感染拡大が続く中「いつまでも交渉を長引かせることは国民のためにならない。これ以上、党内や野党間の対立を見せるべきではない」と述べた。