阿波踊りに関係する写真で作られたモザイクアート=徳島市の阿波おどり会館

モザイクアートに近づくと、1枚1枚阿波踊りの写真が使われている

 徳島市の阿波おどり会館が、阿波踊りに関係する写真を募集して作ったモザイクアートの大型パネルを完成させ、11日に会館に設置した。12日から公開する。コロナ禍で全国の阿波踊りが中止になる中、過去に開かれたイベントの様子や連の練習風景、踊り子の笑顔といった写真を組み合わせ、徳島の夏本来の魅力を感じてもらう。

 パネルは縦約1・8メートル、横約2・5メートルの大きさで、県内や関東、関西、台湾、米国など各地から寄せられた9975枚の写真が埋め込まれている。モチーフは江戸時代の踊りを描いた「阿波盆踊図屏風(びょうぶ)」(吉成葭亭(かてい)筆、西野金陵・西野武明氏蔵)。屏風は左右一対のため、同じ写真を使って2種類の絵柄を表現した。同じ大きさの専属連の写真パネルも作成した。

 展示に合わせ、パネルにした三つのデザインと徳島市内の風景写真をそれぞれポストカードにした4枚組セット(税込み500円)を会館やインターネットショップで販売。利益は阿波踊りの振興に充てられる。

 モザイクアートは阿波おどり会館のホームページからも閲覧可能。寄せられた1枚1枚の写真を拡大して見ることができる。